アヤナスが合わない人ってどんな人?購入前に見ておきたい

アヤナスは、30代~50代の女性に人気の基礎化粧品です。

そんな人気のアヤナスを使ってみたいと思っている方は多いと思います。

でも、アヤナスを購入したあとに「肌に合わなかった」とか「逆に肌荒れ」してしまったらショックですし、なんで?ってなりますよね。

アヤナスを合わない人をまとめてみましたので、購入前に確認してくださいね。

アヤナスが合わないのはどんな人?

アヤナスは敏感肌・乾燥肌で困っている方に向けて開発された化粧品です。

なので、逆に考えるとアヤナスが合わない人は、脂性肌や普通肌の方になります。

アヤナスの特徴として、保湿力が強くなるように設計されて作れています。

それは、アヤナスが「敏感肌専門ブランド」であることと深く関係しています。

敏感肌というのは肌のバリア機能が低下している状態です、バリア機能が低下している状態になると肌は乾燥状態になっています。

ですので、アヤナスはその乾燥をまず最初にサポートするためにわざと保湿力が高くなるようになっています。

保湿力が高いということは、普通肌や脂性肌の方がアヤナスを使うと油分が余計にプラスされてしまうので、結果的にニキビが増えたとか、べたつきが気になるといったことになってしまうのです。

脂性肌や普通肌の人はアヤナスはつかえないの?

そんなことは、決してありません。

普通肌や脂性肌の方でも多くアヤナスを愛用されています。ですが、それには少し工夫が必要です。その方法は、

アヤナスの使う量を少し減らす

ということです。

それでは、詳しく説明していていきますね。

アヤナスの使用料には、目安がそれぞれあります。その目安は下記の表のようになっています。

商品名 使用量の目安
アヤナス ローションコンセントレート 2~3プッシュ
アヤナス エッセンスコンセントレート 2~3プッシュ
アヤナス アイクリームコンセントレート 真珠2粒(両目で)
アヤナス クリームコンセントレート 大き目の真珠1粒

となっていますので、アヤナスが合わない人といった脂性肌や普通肌の方は、この使用の目安よりも少なめに調整して使ってみてくださいね。

そして少し慣れてきたなあと思ったら徐々に増やす方向で使ってみてください。

それから、アヤナスを使ってべたつくといった方も是非この方法で一度お試しすることをおすすめします。

アヤナスの成分について

アヤナスにはポーラR&M研究所が開発した成分が含まれています。

セラミドナノスフィア

肌の潤いの成分といえば、セラミドが有名ですよね。

アヤナスに含まれているセラミドナノスフィアは、通常のセラミドより1/20サイズに作られており4倍の浸透力があります。

ですのでより早くより深く浸透しれくれるので肌への潤いが維持できます。

CVアルギネート

アヤナス独自成分です、セラミドの他にも女性に嬉しい成分といえばコラーゲンですよね。すっぽんや豚のコラーゲンっていつでも食べたいですよね^^口から摂取するよりも肌の名部から作り出される方が効率が良いです。

アヤナスのCVアルギネートは体の中でコラーゲンを作っている繊維芽細胞をサポートするので体自らがコラーゲンを作りやすくなります。

コラーゲンをたくさん作ってハリと弾力のある肌へと導きます。

ジンセンX

高麗人参が原料のジンセンXですが、特徴として血液の流れをスムーズにして血行を促進することで皮膚温度を上昇る働きに期待が出来ます。

肌の温度が上昇すると、肌トラブルの原因の皮膚温度低下を抑えて美しい肌にアプローチします^^

関連記事

アヤナスはシワやたるみに効果あり?成分や口コミからわかること

 

カテゴリー: アヤナスの口コミ パーマリンク